photo by iStock
# 確定申告

ウーバー配達員の“自転車代”、キャバ嬢の“私服代”は「経費」になるのか…その「意外すぎる答え」

経費を自分で判断しなくてはならない個人事業主の場合、経費にできるものとできないものの判断基準が曖昧で、よくわからないこともあるのではないでしょうか。

たとえば、このごろ街で見かけるUber Eatsの配達員さん。あの仕事を始めるために電動自転車を買ったら経費になるのでしょうか? YouTuberのインターネット回線代は? プロレスラーのプロテイン代は?

いろんな職業のちょっとグレーな経費についてアウトかセーフか、税理士の宮原裕一先生にズバリ聞いてきました!

「自宅が稽古場」の芸人、家賃は経費に?

――本日はよろしくお願いいたします。

宮原: 判定の前にお伝えしたいのは、今回出てくる費用について、法律による個別の規定はない、ということです。ですから一般論を踏まえて僕なりの考えをお話ししますから、ご自身で判断するときの参考にしてくださいね。

――はい、承知しました。経費にできるかどうか、その考え方のポイントみたいなことを教えてくださるんですね。それでは早速、最近よく見かけるUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員について聞かせてください。

Photo by iStock
 

2016年9月29日に日本でサービスが始まったUber Eatsは、登録した一般の人が配達員としてレストランやファストフード店の料理をデリバリーするシステムですが、注意したいこととかありますか?

宮原: Uber Eatsの配達員の方というと、電動自転車やロードバイクなどを活用されている方が多いですよね。

仕事を始めるために電動自転車を購入した場合、その自転車を仕事にしか使わないなら全額が経費になります。また、10万円以上のものを購入したら「資産」と見なされるので減価償却をしてください。

――その自転車を子どもの送り迎えにも使う場合は?

宮原: 「家事按分(かじあんぶん)」ですね。事業用とプライベート用、どれくらいの割合で使うかを計算し、「購入価格×事業用に使う割合」を経費にします。

――子どもの送り迎えに毎日1時間、Uber Eatsで4時間なら、8割が経費ということですか?

宮原: 自転車や車の場合は、時間よりも距離を基準に計算したほうがいいですよ。送り迎えよりもUber Eatsの移動距離のほうが大きいでしょうから。時間でも距離でも、自分に有利なデータに基づいて按分の割合を決めたほうがお得です。

――配達記録をもとに、Google Mapなどを使えば移動距離は計算できますね。でも、1年分の距離を合算するのは大変そう。

宮原: そこまで正確にしなくても、1ヶ月分程度をサンプル期間として計算すれば大丈夫でしょう。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/