左から『小学館の図鑑NEO』『講談社の動く図鑑MOVE』『学研の図鑑LIVE』『角川の集める図鑑GET!』

もはやエンタメ…進化を続ける“学習図鑑”の「最新事情」がすごすぎた…!

拡大を続ける学習図監市場

いま、図鑑がおもしろい。

コロナ禍以降、自宅学習のためなどに児童書が求められる傾向が強まり、2020年の児童書の推定販売金額は前年比5.7%の930億円と大きく成長した(出版科学研究所調べ)。

学習図鑑市場トップの「小学館の図鑑NEO」は「この1年ほどでシリーズ累計約120万部を増刷し、一度の重版でかかる部数はコロナ禍以前より倍近くになっています」(小学館 図鑑NEO編集長・根本徹氏)。

 

とはいえそもそもコロナ禍以前から、図鑑市場は市場を拡大してきたジャンルだった。

たとえば2009年には3大定番「動物」「昆虫」「恐竜」のような分類別図鑑とは異なる、ジャンル横断型の「テーマ図鑑」である『小学館の図鑑NEO+ くらべる図鑑』が120万部の大ヒットになると、各社が次々に参入して市場を活性化。

定番の分類別でも、2011年に講談社がDVD付き図鑑『MOVE』を創刊すると、14年に「小学館の図鑑NEO」はDVD付きの新版にリニューアル、学研はBBCの映像を収録したDVDとAR連動がウリの『LIVE』で打って出るなど、DVD付きが2010年代以降の主流となった。

「図鑑戦争」と呼ばれるほど各社が競って売場を盛り上げてきたが、2010年代後半以降もさらにさまざまな広がりを見せている。

本稿では図鑑市場がどのように多様化・拡張したかを概観し、そこから見える2020年代初頭のキーワードを抽出してみたい。

ラインナップの多様化と下にも上にも広がる読者層

まず、どのように多様化しているのかから見ていこう。

2011年に学研が先鞭を付けた「危険生物」以降も、たとえば「深海生物」などが各社が刊行する「新定番」となっている。「『サバイバル』のようなSTEM系学習マンガや『ざんねんないきもの事典』をはじめとする雑学事典といった隣接する児童書ジャンルの流行も踏まえて新しい図鑑の企画を考えています」(講談社MOVE編集長・佐藤華氏)。

NEOならば子ども向けでは実は稀有な『きのこ』、あるいは『イモムシとケムシ』『カブトムシ クワガタムシ』など「それだけで一冊作っちゃうの?」と驚くような"攻めた”ラインナップを展開、MOVEなら『EX MOVEまぼろしの生きもの』や科目横断型の『小学生のずかん』や人気マンガ『はたらく細胞』とコラボした『特装版 人体のふしぎ』、LIVEなら『外来生物』『異常気象』など、それぞれ独自の題材と切り口から扱っている。

『EX MOVEまぼろしの生きもの』(講談社)

サイズも従来型の大判のものに加え、2010年頃から各社持ち運び可能なポケットサイズ版も刊行しているほか、いわゆる「学習図鑑」ジャンルからは外れるが、川崎悟司『カメの甲羅はあばら骨 人体で表す動物図鑑』のように新書などのコンパクトな判型+変わった切り口からなる図鑑も次々に登場している。

「ラインナップの多様化と並行して、読者層が下にも上にも広がっています」(小学館・根本氏)。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/