2021.08.04
# 離婚 # 不倫

「別居中」の妻が妊娠で、まさか「不倫相手の子」と知った38歳サラリーマン夫の“悲劇”

露木 幸彦 プロフィール

妻は「さようなら。もう限界です」と…

祐樹さんの携帯に電話がかかってきたのですが、電話の主はローン会社のオペレーターの女性。女性が言うにはローンの残高はすでに100万円に達しており、7ヵ月にわたってまったく返済されておらず、返済を催促してきたのです。

「身に覚えがなかったので本当に驚きました!」

祐樹さんはそう振り返りますが、もしローンの返済口座が給与の振込口座と同じであったならば、もっと発覚が遅れたでしょう。なぜなら、給与が振り込まれて残高が回復した時点で、返済分が引き落とされてしまうからです。

「どうなっているんだ、いったい」

 

祐樹さんはカードローンの請求書を突きつけた上で、妻に言い放ったのですが、その反動で翌日、とんでもないことが起こったのです。

「さようなら。もう限界です」

リビングに置かれていたのは妻の書いた置き手紙。妻は2人の子どもを連れて実家へ戻ったのです。そんな妻の行動に祐樹さんは唖然としますが、これはまだまだ序章にすぎませんでした。後編(『「不倫妻」と離婚したい“年収450万円夫”が、あえて「慰謝料」を請求しなかった意外なワケ』)ではそんな祐樹さんと妻の関係がどうなっていくのかについて紹介しようと思います。

SPONSORED