〔PHOTO〕iStock
# 住宅ローン

5000万で自宅を買った「年収900万夫婦」が住宅ローンで大失敗…3年で家を失ったワケ

【前編】「年収1200万円夫婦が、4000万円の住宅ローンで「地獄を見た」ワケ」では、繰り上げ返済がうまくいかなかった事例を見ましたが、以下は家族に思わぬ事態が訪れ、家を手放すハメになってしまった夫婦の例です。

3年でマイホームを手放すことに…

Oさんは、結婚を機に神奈川県で5000万円の新築マンションを購入しました。登記費用・融資手数料・引越代など、諸費用が別途300万円必要です。

結婚費用で貯蓄をだいぶ使ってしまったので、マンション価格の全額にあたる5000万円を住宅ローンで借りることにしました。月々の返済額は約9万8千円、ボーナス月の加算額が25万円です。

別途、管理費・修繕積立金が月々2万円ほどかかりますが、夫婦共働きで世帯年収900万円のOさん夫婦にとっては無理なく返済できる範囲でした。ところが、入居後、待望の第一子が誕生すると状況が一変します。

 

産後、妻は体調を崩し育児をするだけで精一杯でした。遠く離れた実家に暮らす両親も高齢なため、頼りにできる身内もいません。仕方なく妻は退職しますが、世帯年収が900万円から600万円に激減。育児手当が途絶えた時点から毎月家計が赤字となり、貯蓄もすぐに底をつきました。結局、購入からわずか3年ほどで泣く泣くマイホームを手放すことになったのです。

Oさん夫婦の場合、たまたま購入した時期がよかったため、購入時の価格より高い値段で売却できたことが、せめてもの救いでした。

〔PHOTO〕iStock
編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/