〔PHOTO〕iStock

小山田圭吾「いじめ自慢」を生んだ「90年代サブカル“逸脱競争”の空気」

男の子はいかにして男の子になるのか

「俺も昔は悪かった」話と小山田圭吾の「事件」

前回までの本シリーズ拙稿(かなり間が空いておりますが……)をお読みいただいたみなさまには、どうもありがとうございます。偶然目にしてしまったみなさま、よろしくおつきあい願います。

さて、第1回目に私は本稿で「男性がしがちな話」で、ものすごく苦手なものが2つあり、その1つが、「俺も昔は悪かった」自慢だと書いた。その背景には男性同士のストレス構造――社会的地位の上下に敏感なあり方から派生――があり、主として社会の主流文化の領域で上位を占めるのが難しい層の男性が「逸脱による自己顕示欲」を満たそうとするとき、その種の話がなされるのではないか、と分析した。

実は、自分が「俺も昔は悪かった自慢」が苦手だなあ……としっかり自覚した事例のひとつが、このところ話題のミュージシャン・小山田圭吾の「過去のいじめ自慢」だったので、責任上(?)この件について書いておきたい。東京オリンピック・パラリンピック開会式の作曲家として発表されたものの、過去に障害のある同級生らに壮絶ないじめを行っていたことが発覚し、「多様性と調和」を掲げる大会理念とはふさわしくないとの批判を浴びて辞職に至った例の事件である。

小山田圭吾〔PHOTO〕Gettyimages
 

ちなみに私は小山田とは同世代で、昔はごく普通のフリッパーズ・ギターのファンで、ごく普通に『Olive』に連載されていた小沢健二のエッセイ「DOOWUTCHYALIKE(ドゥワッチャライク)」も楽しく読みつつ件の『ロッキング・オン・ジャパン』も読むという、ごく普通の若干サブカル寄り女子だった。

そして1994年当時、ごく普通に同誌を「あ、小山田圭吾のインタビューがある〜」くらいな感じで読み、そして……尋常ならざる衝撃を受けた。端的に言って、どん引きした。実はこれがトラウマになって、「恐い……。俺も昔は悪かった系話、恐い……」へとつながった側面があるのは否めない。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/