自民党の二階俊博幹事長[Photo by gettyimages]
# 政局

二階幹事長「老獪な秘策」…権力維持のため、小池知事を「担ぐ」可能性が出てきた!

本当に「国政復帰」はあるのか?

尽きぬ「国政復帰」のウワサ

菅政権の内閣支持率の下落が止まらないが、そのせいだろう。「10月21日の衆議院の任期満了まで解散しない」という報道も出てきた。名目上は「新型コロナウイルス感染症対策に邁進する」ということだが、感染者数がゼロになるわけではない。

そもそも衆議院選を延ばせば必ず内閣支持率が上昇するわけではなく、自公の議席が増える保証もない。むしろ党内抗争は激化する可能性が高く、その間を狙って蠢く輩も出てくる。それゆえだろうか、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕した後、小池百合子東京都知事が国政に復帰するという噂が消えていない。

小池百合子都知事[Photo by gettyimages]
 

もっとも本人は都議選翌日の7月5日、自民党本部を訪問して二階俊博自民党幹事長に選挙結果を報告をした後、記者団の質問に対して「私はそういう意思を言ったことはない」と述べている。ただ「そういう意思を持っていない」とは言っていない。

9日の会見でも小池知事は、国政復帰について「頭の片隅にもありません」と回答。後になって言葉尻をとらえられないように、あえて慎重に言葉を選んでいる印象だ。

いまだ総理大臣になる夢を諦めていないと言われている小池知事。2017年10月の衆議院選では国政政党である希望の党を立ち上げ、政権交代を狙ったこともあった。自身の「排除します」発言さえなければ希望の党は国会で有力な勢力として存続しえたはずで、小池知事は2020年の東京五輪の成功をレガシーとして知事を辞職し、華々しく国政復帰を図るつもりではなかったか。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/