護衛艦「いずも」空母化は問題だらけ…推進した自民党と官邸の「お粗末さ」

このシビリアン・コントロールは適切か
半田 滋 プロフィール

海上自衛隊の主任務は、日本防衛と海上交通路の保護にある。専守防衛の制約から強力な打撃力を持たない自衛隊は、日本有事の際、来援する米空母打撃群を安全に迎える必要がある。空母にとって最大の脅威となる敵潜水艦を発見し、排除する対潜水艦戦は不可欠な要素だ。

いずも、かがに搭載されている対潜ヘリコプター(海上自衛隊のホームページ)
 

このため海上自衛隊はオールマイティの汎用護衛艦に加えて、対潜水艦戦に特化した「ひゅうが」「いせ」の2隻を建造し、その機能を発展させた「いずも」「かが」の2隻を加えた合計4隻による対潜水艦戦を想定してきた。

このうちの2隻が空母化されるとなれば、必要な対潜能力は半減する。こうした指摘に対し、防衛省は「いずも」型を空母に改修した後も、引き続き対潜水艦戦にも活用すると説明しているが、中途半端な選択というほかない。

「いずも」「かが」とも空母としての運用に備え、F35Bが出す噴射熱に耐える甲板の強化のほか、艦内の整備施設や弾薬庫の改修を行っている。対潜ヘリコプターは、F35Bの分だけ搭載数を減らすことになり、結局、対潜能力に穴が空く。

前述した通り、空母の脅威となるのは潜水艦なので、他の護衛艦を「いずも」型の護衛に充てる必要が生まれ、洋上戦力が不足する事態に陥りかねない。

また、ふだん艦艇に乗ることのない航空自衛隊の隊員たちが戦闘機の発艦時には向かい風に進路を取り、しかも最高速で走る甲板上で安全に活動できるだろうか。11隻の空母を保有する米軍は艦載機を含めて、すべて海軍兵で運用する。それでも毎年、海への転落事故は起きているという。

関連記事