トヨタが「オリンピックCM取りやめ」…そのウラで起きている「劇的な変化」の正体

スポーツビジネスが激変
加谷 珪一 プロフィール

大坂選手の告白をきっかけに多様化が進む?

オリンピックに関する議論とは直接関係しないが、スポーツ・ビジネスの世界では別の出来事もあった。それはテニス女子の大坂なおみ選手の会見拒否と、うつの告白である。

大坂選手は2021年5月、精神的負担が大きいとして全仏オープンで記者会見に応じない方針を表明した。これに対して四大大会の主催者は連名で「今後も会見に応じない場合には、四大大会の出場停止もあり得る」という厳しいスタンスを表明した。

大坂選手はインスタグラムに「さよなら、これでせいせいした」と書かれたミュージシャンのジャケット写真を投稿するなど、主催者側と全面的に争うかに見えたが、翌日になり、うつ症状に苦しんでいたことを明らかにした。

大坂選手〔PHOTO〕Gettyimages
 

現代社会は、多様な価値観を認める方向性にあり、スポンサーも含めて大坂選手の告白に共感した人は少なくないと考えられる。ただ、長期的に見た場合、スポーツ選手のあり方が変化すると、ビジネスの質も大きく変わらざるを得ない。

これまでの時代、消費者はスポーツ選手に対して「強さ」や「完璧さ」を求めており、スポンサーはこうした画一的なイメージが自社の製品販売に生かせると判断して、資金を拠出していた。大会イベントも同様で、スポーツを見に来る人のほとんどは試合に「熱狂」を求めている。必然的にそうしたイメージに合う選手こそがアスリートとしてふさわしいという流れが成立しやすい。

だが、スポーツの世界においても多様化が進んだ場合、選手の言動やファンのあり方についても同じように多様化する。このため、テレビが全世界に同じ試合を放映したり、大人数を会場に動員するといった従来型のマス・マーケティングは成立しにくくなる。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/