「ワクチン大国」アメリカでいま起きていること photo/gettyimages

「ワクチン大国」アメリカに行ってわかった、これから日本で起きる「2つのシナリオ」

コロナワクチンの接種拡大で一時は感染者数を抑え込んだアメリカのロサンゼルスだが、ここへきて“リバウンド”が起きて再び感染者数が急増している。前編記事『アメリカで「ワクチン接種」した私が、いま一番不安になっている「驚くべき現実」』ではそんなロスで筆者があるレストランで女子会を行っていたところ、ほとんどの人がマスクレスでいるうえ、中にはパーティーに興じている人もいるという驚くべき光景を紹介した。

そんなアメリカでは「ワクチン義務化論」まで飛び出すなどど新たな動きも出てきたが、やっとその姿から日本はなにを学べるのか――。在米ジャーナリストの飯塚真紀子氏が現地発レポートする。

ワクチン接種が進むアメリカだが… photo/gettyimages
 

マスクレスの若者たちがキャーキャー!

同じような状況はそのレストランに限ったことではない。ビジネスが完全に再開されて以降、レストランはどこも大盛況だ。

女子会に際し、予約を入れようとしても、海沿いの人気店はどこも予約でいっぱいだった。人気店に限らず、多くのレストランが活気に満ちている。レストランで働くある友人は「月曜日なのに客でいっぱいだ」と嬉しい悲鳴をあげている。

筆者が住むサンタモニカのダウンタウンも賑わいを取り戻している。レストランの前では、入店を待つ多数のマスクレスの若者たちが大きな声でキャーキャーと騒いでいる。静まり返っていた街が今では広大なナイトクラブのようだ。人々はタガが外れて、浮かれている。

CDCによると、7月14日時点で、アメリカでワクチン接種を完了した人は48 .2%。
ワクチン接種率が高まりマスクを身につける必要がなくなった状況は、マスク文化のないアメリカの人々にとってはハッピー極まりないことなのだろう。

問題は、全員と言っていいほど、マスクを身につけていないことである。もちろん、店によっては店頭に店内でのマスク着用を求める張り紙をしているところもあるが、そんな店でも身につけていない客が目につく。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/