2021.07.22
# マンガ

自分の中から「神様の命令」が聞こえた…女子高生が「何でも触る」ようになったワケ

「神様とさよならするまで」その1

「駅前のベンチに触らないと悪いことが起きる」「固形物を食べるな」――。突然、このような「命令」が自分の中から聞こえてきたら、どのように感じるだろうか。

コミックエッセイ『高校生のわたしが精神科病院に入り自分のなかの神様とさよならするまで』では、内側から聞こえてくる神様の「命令」に翻弄され、強迫性障害や摂食障害を抱えるようになったもつおさんの高校時代が描かれている。

かつては「どこにでもいる平凡な女子高生」だったと話しているもつおさん。はたして、彼女はどのような高校3年間を過ごしたのだろうか――?

 

神様からの「命令」が聞こえた

一般に「青春」と言われることも多い3年間の高校生活。部活や恋愛、時には友人と過ごす他愛ない放課後など、人によって様々な思い出があるのではないでしょうか。ところが、『高校生のわたしが精神科病院に入り自分のなかの神様とさよならするまで』の著者のもつおさんは、苦しい高校生活を送っていました。

自宅の床や学校の下駄箱など、目についたものを片っ端から触る。さらには固形物を一切口にできなくなり、まともに食事をとることができず体重が30kg台まで減少。最終的には、入院して医師の治療を受ける事態となってしまいます。

ごく普通の女子高生だったもつおさんが、なぜそのようなことになってしまったのでしょうか? それは、彼女の中にだけ存在していた「神様」が、「触れ!」「食べるな!」と命令を下していたからでした。

関連記事

おすすめの記事