photo by gettyimages

「あなたの太陽は何色ですか?」 宇宙人にそう聞かれたら、どう答えるべきか?

正解は「緑色」が宇宙の常識だって!?

今年の6月25日、アメリカ国家情報長官室は、2004年11月から今年3月までに寄せられた「明らかに異常な動き」をしている飛行物体についての144件の報告の大半を「正体について確かな結論を出せない」と発表した。未確認飛行物体(UFO)である可能性を明確に否定しなかったことで、世界が騒然となった。

かと思えば7月には、イギリスの富豪リチャード・ブランソンやAmazon創業者ジェフ・ベゾスら民間人が次々と有人宇宙飛行に成功し、地球人のほうも宇宙との距離を縮めている。もしかしたら、「その日」は、意外に近いのかもしれない――。

これは、そう遠くない未来に、太陽系から遠く離れたところに建設された、天の川銀河の宇宙人が集う「惑星際宇宙ステーション」を、地球人代表の一人として訪れたあなたが遭遇した、貴重な体験の記録である。

【イラスト】宇宙ステーションgraphic by gettyimages

あなたの太陽は何色ですか 

「あなたはどこから来たのですか?」という、一見なんの変哲もない質問。あなたは四苦八苦しながらも、宇宙で最初の質問をなんとかクリアすることができました(その顛末については、ブルーバックス Webサイトの〈もしも宇宙人に遭遇したとき、恥をかかない自己紹介のしかた〉をご覧ください)。

あなたには宇宙人と交流していく自信が少し芽生えてきました。しかし、彼の次の質問に、またしても虚をつかれます。

「では、あなたの太陽は何色ですか?」

「え、太陽の色? そんなこと、いままで考えたこともない!」地球人のほとんどはそうでしょう。しかし、これもまた宇宙人としては知っておくべき必須の教養なのです。宇宙全体には、2×10²³個もの星がありますが(天の川銀河の恒星の数およそ1000億個に、宇宙全体に存在する銀河の数およそ2兆個をかけた数)、すべての恒星は「色」によって大別することができるのです。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/