提供:サラヤ

日々、おいしい食事をとりたいけれど、やっぱり気になるのはカロリーのこと。「ラカントS」は砂糖と変わらぬ甘さでもカロリーゼロで100%植物由来の甘味料。その魅力と暮らしに取り入れるコツを、料理家の中川たまさんに伺いました。

お話を伺ったのは…
中川たま
なかがわ・たま/料理家。自然食品店勤務後、ケータリングユニット「にぎにぎ」を経て独立。著書に『ふわふわカステラの本』(主婦と生活社)など多数。

原料から食卓へ届くまで。
100%やさしい甘味料を。

砂糖に替わる甘味料はたくさんある。十分な甘さがあってカロリーゼロという商品もあるけれど、無視できないのはその原料や製造工程。カロリーと引き換えに安全性や健康への配慮が失われてしまったら本末転倒だ。

羅漢果の原産地である中国南部の桂林は広西チュワン族自治区の東北部に位置する自然豊かな観光都市。

「ラカントS」は中国南部の桂林にのみ自生するといわれるウリ科の果実・羅漢果の高純度エキスとトウモロコシの発酵から得られる天然の甘味成分「エリスリトール」が原料。100%植物由来で、カロリー・糖類ゼロという、うれしい自然派甘味料だ。

「カロリーと糖類がゼロでも甘さが感じられなければ消費者は納得しません。サラヤでは羅漢果に砂糖の約300倍以上の強甘味成分が含まれていること、それが砂糖にとても近い味質であることを突き止めました。果実から抽出したエキスの分画・精製を繰り返し、甘味成分だけを取り出した高純度羅漢果エキス(サラヤ特許成分)を利用したのが『ラカントS』です」(サラヤ/代島裕世さん)

桂林にのみ自生するといわれる羅漢果は古くから「長寿の神果」といわれ、漢方として親しまれてきた。

この高純度エキスとエリスリトールをバランスよく配合することで砂糖と同じ甘味度とカロリー・糖質ゼロを実現。1999年に発売された「ラカントS」は、ダイエットユーザーはもちろん糖尿病や生活習慣病に悩む人々から大きな支持を得ている。サラヤは日本ではじめて薬用手洗い石けん液を開発・事業化した公衆衛生のパイオニア。創業以来変わらず持ち続ける「ビジネスを通じて社会問題を解決する」という想いが100%植物由来の自然派甘味料の開発につながった。

「砂糖を口にできない疾病を持つ人でも日々の食事を楽しみたいはず。そうした方々に安心して使っていただくためには血糖値にほとんど影響しない成分であることに加え、素材や製造工程の安全性、買い求めやすい価格であることも欠かせません」

契約農家の畑は害虫や他の畑からの農薬の飛散を避けるため山の急斜面にある。

サラヤは2015年に桂林に自社工場を設立。契約農家で栽培管理した羅漢果から抽出した高純度エキスは日本に輸入後、外部機関による残留農薬・重金属の検査を経て、徹底した品質管理のもと製品化される。また羅漢果を適正価格で買い取ることで原料の安定的かつ持続可能な調達を実現。抽出工場では現地雇用を促進し、原産地の経済基盤の確立と良心的な販売価格の実現を両立させている。

「100%天然を謳うからには素材はもちろん、生産者の人権や暮らし、生産地の自然環境への配慮も徹底すべきというのが私たちの考え方です。あらゆる意味で持続可能な生産方法をとっているからこそ、消費者に安心と安全を届けられると信じています」

この時期、中川たまさんがよく作るのが、旬のプラムを使ったフルーツソース。プラムの甘酸っぱい香りが部屋中に満ちる。

料理家の中川たまさんは「ラカントS」の愛用者のひとり。旬の食材を使い、体にやさしい料理を提案する中川さんにとって、「ラカントS」は理想的な甘味料だ。

皮付きのままカットしたプラムに「ラカントS」のシロップタイプを加えて小鍋で煮る。さっと溶けて素材になじむシロップタイプはジャム作りにも活躍。

「甘味だけが前面に出る上白糖が苦手で、きび砂糖など甘さに加えてコクや深みを感じられるものを使ってきました。『ラカントS』は同様にコク深くて、カロリーと糖類がゼロ。こんなにうれしいことはないですよね」

左から/ラカントS シロップ 280g、ラカントS 顆粒 600g(ともにオープン価格)

顆粒タイプとシロップタイプ、両方を愛用しつつ、料理によって使い分けている。

「顆粒タイプは煮物など日々の料理全般に。保存瓶に入れておいても固まらないので、計量もしやすく助かります。やさしく軽やかな甘さで、料理の奥行きを出してくれます」

クリームチーズと泡立てた生クリームにナッツやベリーを混ぜ込んで冷やしたアイスケーキにプラムソースを添えて。
アイスケーキには顆粒タイプの「ラカントS」を。夏場でもさらさらとした質感で、クリームチーズに混ぜ込むのもスムーズ。

ジャムなどにはシロップタイプを使う。

「冷えても成分が固まらず、滑らかな仕上がり。ヨーグルトや冷たい飲み物に加えてもさっと溶けて使い勝手がいいんです。果実の甘さを邪魔しない、素材に寄り添うように甘味を加えてくれる点が気に入っています」

東京・外苑前駅近くにあるカフェ&ダイニング「神宮前らかん・果」では料理に砂糖を一切使用せず、「ラカントS」の天然の甘みを活かした美味しく健康的な食事を提供。(東京都渋谷区神宮前3-7-8)。

原料から食卓へ。サラヤが届けたいのは、一貫した“健やかな甘さ”なのだ。


【お問い合わせ】
サラヤ

0120-40-3636(フリーダイヤル)


●情報は、FRaU2021年8月号発売時点のものです。
※本記事で紹介している商品の価格は一部を除き消費税を含んだ金額です。なお一部の商品については税込価格かどうか不明のものもございますのでご了承ください。
Photo:Mina Soma Text & Edit:Yuriko Kobayashi