photo by gettyimages

最近よく聞く「線状降水帯」の正体とは?「どこに」「なぜ」できる?

「それ以外の豪雨は大丈夫」は大間違い

注目される線状降水帯

その現象自体はむかしからあったにもかかわらず、インパクトの強い名前がついたとたんに有名になって、世間の注目を浴びることがある。まさにネーミングの効果。集中豪雨を引き起こすさまざまな原因の1つである「線状降水帯」も、その好例だろう。

新聞などで、一般にこの言葉が使われるようになったのは2010年代に入ってから。気象学では古くから「線状メソ対流系」として知られていたが、土砂災害で70人以上もの犠牲者を出した2014年8月の広島豪雨のあたりから、「線状降水帯」として一般社会に広がった。その意味では、1990年代の「地球温暖化」と事情が似ている。

線状降水帯には、じつは学術的な定義はない。気象庁は、長さ50〜300キロメートル、幅20〜50キロメートルくらいの線状の領域で次々と積乱雲ができ、しかもその領域が長い時間そこにとどまって強い雨を降らせつづけるものを指している。帯状に横たわる豪雨域である。

おなじ地域に長時間にわたって大量の雨を落とす線状降水帯は、確かに防災のうえで警戒すべきものだ。そして、豪雨災害が起こったとき、その原因を説明できるキーワードとして、いかにもマスメディア好みでもある。気象庁もこの6月から、災害への備えを線状降水帯に限って特別に警告する「顕著な大雨に関する情報」を新たに設けた。

【写真】2014年の広島豪雨での被害「線状降水帯」という言葉が広まるきっかけとなった、2014年の広島豪雨での被害 photo by gettyimages

組織化された積乱雲の群れ

線状降水帯で雨を降らすのは積乱雲だ。夏の夕方、青い空にもくもくと湧き上がって夕立をもたらす、あの積乱雲。夕立との違いは「雨の継続時間」だ。

1つの積乱雲が「できはじめて雨を降らせ、衰えて消滅するまで」の時間は、せいぜい1時間くらい。そのうち激しい雨を落とすのは30分ほどだ。

それに対し、線状降水帯の積乱雲は、何時間にもわたって豪雨をもたらす。線状降水帯の積乱雲そのものが特殊なのではない。いくつもの積乱雲が生まれては消え、生まれては消えを線状降水帯の中で繰り返す。いわば「組織化された積乱雲群」が線状降水帯の正体だ。

そして、積乱雲と線状降水帯をつくり出す、「影の主役」が存在する。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/