# 新型コロナウイルス

菅政権の重大な「誤り」…日本のコロナ対策を遅らせている「保健所縛り」

感染症「2種相当指定」を外すべきだ
長谷川 学 プロフィール

医療と保健所のバランスが大事

ーー至極、真っ当な意見だと思うが…。テレビと新聞がコロナの恐怖を煽り過ぎたため「季節性インフルエンザと同じ扱い」にすることへの不安が国全体にあるのかもしれない。

私は“新型コロナはインフルエンザと同じで怖がらなくていい”とは一言も言っていません。私は2類だろうが感染症指定が外されようが、当然、これまで通り自分のクリニックの感染予防対策を徹底します。

すでにワクチン接種によりこちらの防御態勢は整っています。私が言いたいのは、患者さんと医療者双方の感染拡大を防ぎつつ、医療の基本である早期発見、早期治療を進めようということなのです。

日本の医療はある程度進んでいるから、公衆衛生(保健所)ではなく、医療が前面に出ていこう。そういうパワーバランスの話をしているのです」

 

ーー本来なら、開業医を先頭に、発熱患者を奪い合うぐらいの態勢を作るべきだった。

「熱が出ても診てくれないという状況を変えるために、発熱したら、かかりつけの医師がせめて診療時間の一番最初か最後に、1日3人でも5人でも診てくれたらと思う。

そうしたらだいぶ、国民は救われる。感染対策ができないクリニックでもオンラインを使えば発熱患者を診れる。電話でも構わない。日本医師会の中川俊男会長だって、(かかりつけ医に向けて)『病床が逼迫して国民が困っているので、発熱患者をみんなで診察して助けましょう』と言っておれば、ここまで叩かれることはなかったと思います」

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/