不安だらけの中で開催される東京五輪/photo by gettyimages
# 韓国 # オリンピック

韓国メディアも「東京五輪はアナログ」と皮肉…ずさんすぎる「海外マスコミ対応」

韓国選手団のトラブルの一方で…

東京オリンピック開幕を23日に控え、各国選手団やメディアが続々と来日している。世界的なスポーツの祭典がいよいよ始まる気配を多くの人が少しずつ感じていることだろう。

ただ、今大会はこれまでの五輪と一線を画しているのは、言うまでもない。

不安だらけの中で開催される東京五輪/photo by gettyimages

日本国内の新型コロナウイルスの感染者数は日に日に増加傾向にあり、大会関係者から初の陽性者が出たり、さらには事前合宿中の選手(ウガンダ)の所在が分からなくなるなど、本番を前にゴタゴタが続いている。

なかでもやはり目立つのがお隣の国、韓国選手団の話題だ。

選手村に掲げた横断幕が政治的だと問題視されて撤去されたり、大韓体育会が選手村の食事に使われる福島県産の食材を食べないように指導しているというニュースがクローズアップされてしまったりと、肝心の選手たちの素顔や競技そのものへの興味はどこかへ消えてしまったかのようだ。

 

とにかく、五輪などの国際大会になると韓国側が起こした行動や問題については、多少大げさに報じられることも多く、筆者としては「また始まったか…」と感じることも多い。

一方で、韓国メディアに目を向けてみると、日本への入国の際の厳しい制限や隔離生活の様子、東京オリンピック組織委員会のずさんなメディア対応などが連日報じられている。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/