銀行員の悲鳴が止まらない… photo/iStocck

銀行員から悲鳴続出…! コロナ融資「大崩壊」で始まる「地銀“大量死”のカウントダウン」

コロナ融資「地銀の悲鳴」が止まらない!

コロナ禍に苦しむ企業を救済する目的ではじめられた無利子・無担保のコロナ融資により、銀行の預金量が増える“金余り”が生じている。

貸出先の開拓に苦しむ地銀では、預金増により収益力が一層低下する皮肉な現象だ。

コロナで銀行が「カネ余り」に… photo/gettyimages
 

東日本の地銀の中堅行員はこう話す。

「昨年の上半期に比べ、今年の上半期(4-9月)の預金量は10%近く増える勢いです。ウチの銀行でも預金量は2兆円以上あり、10%増えれば2000億円。その増えた分を貸し出せる先はないのです」

預金が増える要因の1つは、コロナ対策による各種の給付金だ。

昨年5月に各自治体により1人10万円の定額給付金の給付がはじまり、中小企業に200万円・個人事業主に100万円を給付する持続化給付金は、申請期限が今年2月まで延長された。

これらの金を使わずに口座に入れたままの例が少なくないと見られる。

それ以上の要因がコロナ融資だという。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/