中国の高速鉄道〔PHOTO〕Gettyimages

いま中国の鉄道で「静かな人専用の車両」が大人気になっていた…!

トラブルや「大声の乗客」を避けて…

大歓迎された新サービス

中国人と言えば「日本人と比べて声が大きい」というイメージを持たれてきたのではないかと思う。中国を何度も訪れてきた筆者から見ても、たしかに「声が大きいな」と思う場面はしばしばあり、たとえば、中国の鉄道では、近くに他人が座っていても、大声で電話を掛けたり、スマホを大音量にしてドラマを見たりしている人が少なくなかった。

だが、ここ数年、そうした振る舞いに眉をひそめる中国人が増えてきているという実感もある。そうしたなか、こうした社会の変化を反映した新たなサービスが登場した。

2020年12月末、高速鉄道(日本の新幹線に相当)の一部路線に「静音車両」というサービスが試験的に導入され、大人気となっているのだ。

中国の高速鉄道〔PHOTO〕Gettyimages
 

「静音車両」とは文字通り、静かな車両という意味だ。日本の「女性専用車両」のように、1つの列車のうち、特定の車両をそれに当てる。中国のニュースサイトなどによると、「静音車両」の決まりは以下の通りとなっている。

・静かな状態を保つこと
・電子機器を使用する際はイヤホンを使用、または音が外に漏れないようにすること
・携帯電話はマナーモードまたはバイブレーションにすること
・携帯電話を使うときや、誰かとおしゃべりするときは車両の外に出ること
・子ども連れの乗客は子どもの面倒をしっかり見て、騒がしくしないこと

このようにルールが明文化され、「静か」であることが約束された車両が、今、中国人の乗客の間で大歓迎されているという。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/