マンガ/藤緒あい 文/FRaU編集部

好きだけど「ダメ男」という葛藤

「好きだけで老後は生きられない…」

安定した結婚生活を願い、婚活を始めた今年で30歳を迎えるアラサー女子・白石郁子。そんな彼女が長い間“腐れ縁”状態にあるのが、いつの間にか郁子の家に居候し、定職につかずいわばヒモ状態の浩次。

「好きだけど、この男との明るい未来は見えない……」そんな葛藤に揺れながら、何度も別れようと追い出しても、またどこからともなくフラッとやってきては元に戻るを繰り返している2人の関係を描いた、藤緒あいさんのマンガ『好きなオトコと別れたい』の第2巻が7月20日に発売。

『好きなオトコと別れたい』第1巻より

前回、無料試し読み公開した第1巻第1話では、郁子がそんな彼に惹かれたワケが描かれていた。

「条件で好きになった男ならもっと簡単に切れるのに…」

条件で選んだのではなく、人として魅力を感じて惹かれたからこそ、難しい。このセリフに「わかる…」と共感する人も多いのではないだろうか?

-AD-

担当編集の方に「ダメ男×アラサー女子のループな恋」を描く本作品のみどころ・注目ポイントを聞いてみた。

「ダメ男の概念をいい意味で覆す浩次のキャラクターと、恋愛と結婚の違いで揺れる主人公・郁子の女心を楽しんでいただきたいです。

『好きなオトコと別れたい』第1巻より

郁子の彼氏である浩次はダメ男ですが、とにかく優しくて愛嬌がある愛すべき男。ダメ男が苦手という読者さんからも『なんだかこの男は好き』『ダメ男にときめく日がくるとは思わなかった』という声をたくさんいただいています。自分のすべてを受け入れて肯定してもらえる幸せに溺れてみてください。

また、郁子と同世代のアラサー女子から圧倒的共感の声が届いている『好きなオトコと別れたい』という葛藤にも注目していただきたいです。浩次のことが好きだけれど、将来的なことを考えると苦労しそうなことが明白。結婚がしたいのなら、早く別れて次を探したほうがいいと頭では分かっている。だけど気持ちは抗えない……。そんな郁子の女心に『分かるー!』と共感しながら、郁子と浩次がどのような道を進むのか楽しんでいただければ嬉しいです」