日本よりずっと進んでいると思っていたが…

アメリカは、避妊方法の選択肢が多く、アフターピルも薬局で買え、妊婦の約7割が無痛分娩を選ぶ国だ。女性のリプロダクティブヘルス・ライツ(性と生殖に関する健康と権利)において、日本よりもずっと進んでいる。

実際、筆者が90年代後半に米・バージニアの公立高校に通っていた頃、各女子トイレには無料の生理用ナプキンのディスペンサーが置いてあったし、その後通ったペンシルベニア州やニューヨーク州の大学の保健室には、無料のコンドームが置いてあった。2000年代初頭、筆者の周りのニューヨークの女子大生たちは避妊ピルを飲むか、避妊注射や避妊の皮下インプラントを受けるかしていた。

だが、7月16日(金)に公開される映画『17歳の瞳に映る世界』を観て、実はアメリカでリプロダクティブヘルス・ライツに大きな格差があることを知った。

-AD-

本作は、17歳で妊娠してしまった高校生のオータム(シドニー・フラニガン)がいとこのスカイラー(タリア・ライダー)と一緒に、地元ペンシルベニア州から、保護者の許可なしに中絶できるニューヨーク州へ長距離バスで向かうロードムービーだ。田舎から大都会に着いた女の子たちが助け合い、シスターフッドを育む様子は青春の1ページを見るようで微笑ましいが、若い女性たちがあらゆる場所で性暴力にさらされている現実を突きつけられる。

オータム(左)と、彼女を全力でサポートするいとこのスカイラー/『17歳に映る世界』より

本作の監督と脚本を務めたエリザ・ヒットマン氏の海外インタビューと、ペンシルベニアとニューヨークに住み、オータムと同じクリニックに通っていた筆者の経験をもとに、アメリカと日本のリプロダクティブヘルス・ライツの問題について考えてみたい。