Photo by iStock

かわいいコアラ「ユーカリを食べて、爆睡」の姿がおっさんすぎた…!

探して、食べて、寝る生活

20時間も眠り続ける

愛くるしいフォルムにのんびりとした表情を浮かべるコアラは、日本でも大人気の動物だ。

しかし、動物園で彼らを見ていると、いつまでたってもじっとしていて動かない。そんな姿にがっかりした人も多いのではないだろうか。

それもそのはず、コアラは一日のうち約20時間も睡眠に充てている。なぜコアラはいつも寝てばかりいるのか。その謎を解くカギは、彼らが長きにわたって培ってきた生存戦略にあった。

Photo by iStock
 

かつてコアラが生息するオーストラリアの大地には、獲物の血を好んで飲む大型のフクロオオカミや、現在タスマニアデビルと呼ばれている小型ながら獰猛な有袋類など、危険な動物が数多く活動していた。そんななかで過酷な生存競争に晒されたコアラの祖先は、安全な環境と充分なエサを求めた。その結果選んだのが、ユーカリの木とその葉だったのだ。

ユーカリの葉は栄養価が低い。しかも硬くて繊維が多く、シアン化合物などのさまざまな有毒物質が含まれていて、ほとんどの動物は食べることができない。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/