波瑠、清原果耶、小芝風花、吉岡里帆…「あさが来た」の4人はいかにしてヒロイン女優常連となったか

宝泉 薫 プロフィール

この「援交やりてぇ」を秘蔵映像として紹介した「帰れマンデー見っけ隊」(テレビ朝日系)では、

「本当に多かったんですよ。中絶する役とか、若いのに妊娠してしまったギャルとか、ばっかりやってた時期はありました」

と、自ら振り返っていたものだ。ただ、この番組では「あさが来た」でも共演した山内圭哉に「夏目(雅子)さんに似てると思った」という指摘もされていた。

じつは山内、子役時代に映画「瀬戸内少年野球団」で夏目と共演。その面影が重なったのだという。ちなみに、波瑠は「あさが来た」の2年前、実話をもとにしたドラマ「いねむり先生」(テレビ朝日系)で夏目をモデルとする「マサコ」を演じている。

あさが来たHPより

全編を通して万能ぶりを示した

とまあ、経験に加え、トップ女優に通じる資質も備えていた人がようやく大役を得たのだ。満を持してというか、それまでの蓄積を一気に爆発させた感じだったのだろう。

また、共演者にも恵まれた。「あさが来た」はダブルヒロイン的な構図を持ち、姉のはつを宮崎あおいが演じて、主人公を引き立てた。宮崎は朝ドラの「純情きらり」や大河ドラマの「篤姫」を成功させた人だ。このサポートは大きかった。

そしてもうひとり、ディーン・フジオカである。主人公に影響を与える五代友厚を演じ、女性視聴者から絶大な支持を得た。イケメンのブレイクは、確実に朝ドラの数字を上げる。

 

こうして「あさが来た」は大ヒットし、一昨年に放送された「朝ドラ100作!全部見せますスペシャル~歴代ヒロインがチコちゃんに叱られる!?~」(NHK総合)の人気投票でもダントツの1位になった。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/