ゼロから設計したレコードプレーヤーが話題! “研究開発型町工場”がすごい!

3代目社長に聞くモノづくりの未来形

ゼロベースからの自社開発で業界誌で数々の賞を受賞するレコードプレーヤーを作ってしまったり、JAXA&東大と共同研究で無人補給船「こうのとり」の部品を開発するなど、テレビドラマの題材になりそうな実績をいくつも持つ町工場があります。

航空宇宙関連部品や医療製品に欠かせない精密部品を製造している由紀精密さんです。

「町工場は、持っている技術の活かし方、見せ方次第でもっともっと魅力的になるー」

そう語る代表取締役の大坪さんは、倒産寸前の家業を立て直したスゴ腕3代目。

自社の発信のみならず、製造業全体の魅力を発信する音楽レーベルを立ち上げ、世界最高峰の広告賞を受賞など、ものづくりの現場をカッコよく面白く発信している大坪さんと話していると、「このひとのもとでモノづくりがしてみたい!」と、とにかくワクワクさせられます!

(※記事中の「社長」の呼称は取材当時のものです)

由紀精密代表取締役の大坪正人さん

精密切削加工の粋を結集した製品の数々

——由紀精密は航空宇宙産業や医療分野など品質の要求水準が高い分野が得意ということですが、コア技術は何でしょうか?

金属を精密に削る切削加工という技術です。特に難削材とよばれる金属の加工に強みを持っています。数ミクロンの誤差が事故につながる航空宇宙分野は、最高レベルの精密性が要求されますし、人体に害の少ないチタンなどの素材も加工が非常に難しい素材です。

——耐食・耐熱に優れ過酷な環境に耐えうるいい素材であればあるほど、加工が難しいし、用途が特殊であればあるほど精密な加工が求められるわけですね。

もともとは、通信機器の内部で使うねじの製造から始まり、半導体関連などの小型で高精度な部品、産業機器や発電所向けの特殊な部品を手掛けていくなかで、様々な技術とノウハウを蓄積してきました。

——旋回切削加工(回しながら削っていく)の様子を収めたこの動画(https://www.youtube.com/watch?v=htsdAVIBF6w)、金属がするすると削れていく様子は、見ていて気持ちがいいです!

見るみる間に削り出されるメタリックで精密な金属部品。正確に動きを刻む機械によって美しいカタチできあがっていく様子は、ずっと見ていたくなる

——精緻な技術で作られた金属部品って美しいですね。芸術的ですらあります。

由紀精密HPにならぶ製品の数々

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/