2021.07.26
# エンタメ # 本

ヒャダイン×児玉雨子「アイドルも作品も“一つの物差し”で測っちゃいけない」

最前線のクリエイターが見ているもの

ハロー!プロジェクトのグループへの歌詞提供などで知られる作詞家の児玉雨子さんが、『誰にも奪われたくない/凸撃』(河出書房新社)で小説家としてデビューしました。同作について音楽クリエイターのヒャダインさんと児玉さんが対談。音楽業界という共通の場で活躍し、友人でもある二人が、創作について、アイドルについて、他人との「つながり方」について語りました(以下、Hがヒャダインさん、Kが児玉さん)。

〔構成〕鳥澤光〔撮影〕西崎進也

編曲ってスゴい仕事!

ーーヒャダインさんは児玉さんの作品をお読みになっていかがでしたか?

H:面白かった! 特に「誰にも奪われたくない」には、僕のよく知ってる児玉さんがいるんですもん。この作品の冒頭で、主人公の職業作曲家が新年会でアイドルに出会うシーンがあるけど、僕と児玉さんも新年会一緒に行ったなとか。ほかにも、この作曲家がテンパった時に早口になったり、話をこねくり回す感じなんてもうまさに児玉じゃ〜ん! と思いながら読んだり、似ているようでやっぱり違うなと思ったり、面白い体験でした。

K:ありがとうございます。単行本になることが決まって、ヒャダインさんには絶対読んでいただきたくてお名前をあげさせてもらったんです。

児玉雨子さん
 

H:ありがとうございます。児玉先生の初小説、そりゃ読みますよ。

K:「誰にも奪われたくない」に出てくる職業作曲家、私、変なこと書いてませんでしたか?

H:そこはもう全然! ちゃんとお調べになられたんだなーと。

K:勉強しました(笑)。でもそこをヒャダさんが大丈夫と言ってくれたら安心です、最強の校正者ですね。

H:いやいや。今回、劇中歌も作られたんですよね?

K:そんなことまで知られている(笑)。はい、小説のなかに出てくる「ジルコニアの制服」というアイドルソングを、自分で作詞作曲して作りました。

関連記事