7月23日に東京五輪の開会式が行われる/photo by gettyimages
# エンタメ # オリンピック

「東京オリンピック開会式」の裏番組は、お笑い、爆買い、大食い、警察…「民放特番」が迷走する背景

裏番組としてどのジャンルで勝負するか

7月23日20時、関係者の辞任が相次いだほか、コロナ禍に翻弄され続けている東京オリンピックの開会式がいよいよ行われる。

国立競技場からの中継を手がけるのはNHK。開催賛成派だけでなく開催反対派も含めて、「聖火ランナーの最終走者は誰で、聖火はどのように点火するのか」などの演出に注目が集まるだろう。

7月23日に東京五輪の開会式が行われる/photo by gettyimages

今回はオリンピックを放送すること自体、「批判を受けかねない」などのリスクがあるが、裏番組に回ったとしても「どんなジャンルの番組を放送すればいいのか」という判断が難しい。とりわけ開会式の日は、民放各局が編成に頭を悩ませた様子がうかがえる。

まずTBSは19時からお笑いネタ番組の『ザ・ベストワン』を「4時間生放送」という付加価値をつけて編成。TBSは『キングオブコント』『お笑いの日』『史上空前!! 笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ』『歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル』など、ネタ番組の多さは民放トップだけに自信のほどがうかがえる。

 

次にフジテレビは20時から『ウワサのお客さま』を放送。「コストコ・業務スーパー・ドンキで最強!爆買いスペシャル」と題した2時間特番で勝負する。

このところフジテレビは1日に『ピッタリお買い物!100万円カート』、11日に『ジャンクSPORTS 3時間SP』(メイン企画でアスリートが爆買い)、17日に『爆買いスター恩返し』と、爆買い特番を連発。視聴者に爆買いが得意コンテンツであることを印象づけている。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/