ビットコイン「乱高下」のウラで起きた、「AI仮想通貨詐欺」のヤバすぎる手口

「AI」の言葉に思考が止まる…
多田 文明 プロフィール

契約者が知人をセミナーに勧誘

また契約の際、間口を広げる手法も巧妙でした。

パンフレットには、1口5万、10万、20万、35万、75万、141万のコースがあり、出資ができるようになっていました。

5万円の少額から行えるだけでなく、たくさんの選択肢を与えて、その人に合わせた形で投資を始めやすい仕組み作りをしていた点も見逃せません。

なんといっても、これだけの被害の広がりになったのは、受動的から、能動的立場への転換があります。これが三つ目のポイントになります。

 

セミナーで話を聞き、契約をさせられるということは受け身の立場です。そこから、その契約者が新たに他の知人をセミナーに連れてくることで、その人物は積極的に投資に関わる能動的な立場に転換します。

この連鎖が続くことで、一気に投資勧誘のエンジンがかかります。こうして全国に被害者が広がっていったと思われます。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/