ビットコイン「乱高下」のウラで起きた、「AI仮想通貨詐欺」のヤバすぎる手口

「AI」の言葉に思考が止まる…
多田 文明 プロフィール

「AIに任せれば安心」という思考停止

私たちも自分だけでは解決が難しい場面が出てくると、専門家、その道のプロにお願いするかと思います。

たとえば、電子機器が壊れたら、その修理を専門家に任せることで、直ったという結果を得ようとします。その時、どのような過程で修理されたかは、深くまで考えないと思います。

また、税金の処理など難しい事態が出てくれば、プロである税理士にお任せすることでしょう。これ自体、悪いことはではないのですが、何かに任せると、それより先の中身を深く考えなくなってしまうのです。

 

まさに、「AI」に任せれば、大丈夫。そう思わせることで、自分の投資したお金がどう動いて、どう儲かったのかを、深くまで考えなくなってしまいます。騙そうとする者たちは、「AI」の言葉を使うことで、投資家たちの思考を止めてしまったわけです。

相手の思考さえ止められれば、投資したお金の流れについて、とやかく言われませんので、自由に使い放題ということになります。

そもそもAIで運用された実績はないとみられており、結局のところ、悪しき知能を使って考え出した「AI」の言葉で、人々を罠にはめていただけだったといえるかもしれません。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/