photo by iStock

ビットコイン「乱高下」のウラで起きた、「AI仮想通貨詐欺」のヤバすぎる手口

「AI」の言葉に思考が止まる…

「4カ月後に2.5倍にする」

本当に儲かる話であれば、他人には教えないもの。もし、そうした話を持ちかけられれば、「詐欺に間違いない」と、話す人が多くいます。

確かにもっともなことなのですが、ありえないような話を信じさせるところに、詐欺の本質があります。「ひょっとして」「もしかすると」そうした心持ちのなかで、相手の心をだましへと引きずっていくのです。

photo by iStock
 

今月、「AI(人工知能)を使って、仮想通貨を運用すれば儲かる」とのプロジェクトを持ち掛けて、多くの人たちから投資金を集めていた男4人が、愛知県警により詐欺容疑で逮捕されました。その金額は60億円以上ということですから、かなりの額です。

この時の誘い文句は「4カ月後に2.5倍にする」でした。つまり、100万を預けたら、250万円になるということです。

「そんな馬鹿な!」「そんなうまい話はあるわけがない!」

このニュースを聞いた人たちが、このような意見を述べる気持ちもよくわかります。

しかしこれは第三者の目で見ているから言えることであって、当事者になると違った世界が見えてくるものです。真に騙されない術を考えようとすれば、この考えだけで思考を止めずに、もう一歩先を見てみる必要があります。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/