「隠れサブスクリプション」にご注意を!

Photo by iStock

特に今は、サブスクリプション全盛時代。「毎月300円程度ならまぁいいか」「毎月980円で使い放題ならリーズナブルだよね」「見たい映画があるからとりあえず申し込もう。あとで解約すればいいし」と気軽に申し込むものの、いつの間にか使わなくなっていたのに契約はそのまま……という事態が起こりがちです。

デリバリーサービスの配達料無料オプション、英会話学習アプリ、毎日の占いアプリ、健康管理アプリ、雑誌や漫画の読み放題サービス、音楽の聴き放題サービス……。「隠れサブスクリプション」になりそうなものは枚挙に暇がありません。

-AD-

意外と見落としがちなのが、年払いのサブスクリプションです。「年払いのほうが月払いよりおトクだから」と年払いにすると、毎月の利用明細には載ってこないので、ついつい加入していることを忘れてしまいがち。そして、翌年分が引き落とされて初めて気づくのです。そもそも、どんなアプリも、サービスも、ずっと使い続けるかどうかは使ってみないとわかりません。ほんの少しの「おトク」につられずに、多少割高でもあえて月払いを選ぶ、という選択も時には必要です。