「死に金」を見つけるにはどうしたらいい?

収入が増えない中、限られたお金を最大限に有効に使うには、できるだけ「死に金」を減らし、生きたお金の使い方をするということが重要になってきます。

では実際に「死に金」を見つけるにはどうしたらよいのでしょうか。数あるチェックポイントの中でも今回、ぜひ駆逐してほしいのが、ズバリ「目に見えない支出や無駄」です。

Photo by iStock

例えば、クレジットカードの明細。あなたは毎月、すべてのクレジットカードの明細を細かくチェックしているでしょうか。もしチェックしていないのであれば、一度つぶさに見てみてください。「回線契約っぽい名前の利用明細が載っているけれど、インターネットの利用明細は別にあるし……これはなんだろう」「数百円だけど、毎月利用明細に載っているな……これはなんだろう」という具合に、これまで目に見えていなかった支出が見えてくるかもしれません。

-AD-

特に気をつけたいのが、郵送ではなく、ウェブ明細を利用している人です。郵送の場合は「届いたら開封してチェックする」ということをルーティンにすればよいのですが、明細の場合はついつい忘れてしまいがち。そのため、意識にないものがクレジットカードで引き落とされていてもなかなか気づくことができません。「毎月1日に必ずチェックする」「支払い金額確定のお知らせがメールで届いたら必ずチェックする」など、自分なりのルールを決めて毎月チェックする習慣をつけるようにしましょう。