photo by gettyimages

もしも宇宙人に遭遇したとき、恥をかかない自己紹介のしかた

「私は地球から来ました」なんて最悪!

今年の6月25日、アメリカ国家情報長官室は、2004年11月から今年3月までに寄せられた「明らかに異常な動き」をしている飛行物体についての144件の報告の大半を「正体について確かな結論を出せない」と発表した。未確認飛行物体(UFO)である可能性を明確に否定しなかったことで、世界が騒然となった。

かと思えば7月には、イギリスの富豪リチャード・ブランソンやAmazon創業者ジェフ・ベゾスら民間人が次々と有人宇宙飛行に成功し、地球人のほうも宇宙との距離を縮めている。もしかしたら、「その日」は、意外に近いのかもしれない――。

これは、そう遠くない未来に、太陽系から遠く離れたところに建設された、天の川銀河の宇宙人が集う「惑星際宇宙ステーション」を、地球人代表の一人として訪れたあなたが遭遇した、貴重な体験の記録である。

【イラスト】宇宙ステーションgraphic by gettyimages

とある宇宙カフェにて

地球人代表は各国政府の高官や、ノーベル賞クラスの科学者らそうそうたるメンバーで構成されていて、彼らはステーションに着くなり忙しそうにあちこちへ消えていきました。

しかし、一般市民代表のあなたにはとくに課題はありません。しいていえば、あなたに期待されている役割は「できるだけほかの宇宙人と交流すること」です。そこで、勇気をふりしぼって、宇宙人が集まって交流するカフェをのぞいてみることにしました。

【写真】宇宙ステーション・カフェphoto by gettyimages

カフェの店内は、地球上のそれと同じ雰囲気でしたが、実際に宇宙人を見るのは初めてのあなたの緊張は、いまやMAXに達しています。その時です! あなたは、息の荒い、いかにも柄の悪そうな宇宙人と肩がぶつかってしまいました。その宇宙人はあなたを睨みつけ、なにごとかをまくしたてながらすごい剣幕でからんできます。

「ああ、最初の宇宙人とのコンタクトがこれか……なんてこった!」

そこへ、地球人の目で見ても紳士的に映る、身なりのよい人が近づいてきて、あなたをすばやく離れたテーブルにまで導いてくれました。

「もう大丈夫ですよ」

少し落ち着いたあなたは、メンバー惑星の言語が登録された自動翻訳機を起動させて「恩人」がそう言っているのを聞きました。お礼を返すあなたに、彼は飲み物をご馳走してくれましたが、それはなんと、地球にあるのと同じコーヒーでした。

「最近、新しいメンバー向けに仕入れた飲み物だそうですが、たぶん、あなたもその惑星の人だろうと思いまして」

驚くあなたを見て、彼はうれしそうにしています。あなたはお互いの気持ちが打ち解けていくのを感じました。

宇宙で初めての友だちができた感慨にひたっていると、「恩人」は微笑みながら、ゆっくりとこう尋ねてきました。

「ところで、あなたはどこから来たのですか 」

さあ、この質問に対して、みなさんならどう答えますか?

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/