Photo by iStock

今日は「マンゴーの日」…食べる前に注意すべきこととは?

サイエンス365days

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

じつはウルシ科の植物です

今日、7月15日は「マンゴーの日」です。 

 

これは夏に出荷の最盛期を迎えるマンゴーの魅力を伝えることを目的に、沖縄県農水産物販売促進協議会が2000年に制定したものです。

マンゴーの産地といえば宮崎県などが有名ですが、実は全国シェアの第一位は沖縄県で、実に全国流通量の50%以上を占めています。

「花切り」したマンゴー photo by iStock

代表的な熱帯果実であるマンゴーは主に果実を食しますが、その色には白、黄色、紅色など様々な種類があります。ちなみに、よく見るマンゴー特有の切り方は「花切り」と呼ばれています。

現在は高級なブランドマンゴーも話題になっており、沖縄県産の「美ら(ちゅら)マンゴー」や宮崎県産の「太陽のタマゴ」などが多くのメディアで紹介されています。

その実は生食だけでなくジャムやプリンとして加工されるほか、場合によってはピクルスに漬けられることもあります。

インドにおいてはチャツネ(カレーの薬味)としても良く用いられます。

マンゴープリン photo by iStock

また、仏教においてはマンゴーのことを「菴摩羅(あんまら)」と呼び、その木を護摩木とすることがあります。

さて、この時期に非常に美味しいマンゴーですが食べる際には注意すべきことがあります。

というのも、実はマンゴーはウルシ科の植物であり、接触した部位に皮膚炎を引き起こすことがあるのです。うるしに対してアレルギーをお持ちの方はくれぐれもご注意ください。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/