インスタグラムでママ達のお悩み漫画などを描いている、まめねこさん。子育てのために山奥の家に移住し、夫と現在7歳と3歳の男の子2人と4人で暮らしています。

移住して数年は何のトラブルもなく暮らしていたまめねこさんですが、4年目のある日、3歳(当時2歳)の息子さんが「おともだちこわい」と言ったところから、恐怖の日々が始まります…。

ある日、まめねこさんの家に、霊感の強い知人が遊びにきて衝撃の一言を放ちます。「鬼はいる。でも問題は鬼ではなく、マネキンだ」と言うのです――。

-AD-

マネキンの写真を載せたら大変なことに

実は今回掲載する第2話は、インスタグラムにアップしたあと、修正したものになります。初回はマネキンを撮影して実際の写真を載せたのですが、苦情のコメントとDMが殺到しました。

「マネキンを見てからずっと首が重苦しい」「気持ちが悪くなった」「金縛りが起きた」「家に来た」などなど。そのコメントを読んだ方からは「私も見てしまった! 呪われたらどうしよう!」とさらにコメントが届き、返信が追いつかなくなりました。

また霊感が強い方達からは「マネキンの写真に悪いものが写ってるので今すぐ投稿を削除すべき」という意見が複数届き、コメント欄も私もパニック状態に。まさかこんなことになるとは想像もしていなくて、秒刻みで増えていくコメントやDMを目にした時には背筋が凍りました(色んな意味で)。

慌てて投稿を削除し、画像をイラストに書き換えて再アップ。キャプションには謝罪文を載せました。このことがあってから安易に写真を掲載するのは控えるようにしています。

自分には見えなくても見える人には見えるし、見えない人にも恐怖が伝わればパニックになる。当時はマンガを描くのも控えるべきか悩みましたが、その後を気にかけて連絡を下さる方も多く、なんとか8話まで描き続け、完結させることができました。

第2話の今回は、霊感の強い知人が家に来たときの話になります。

編集部注:次ページより掲載している漫画は、イラストに描きかえたあとのもので、写真は掲載されていません。
漫画/まめねこ