Photo by Gettyimages
# 野球

東京の高校から「大谷翔平」や「佐々木朗希」のような規格外ピッチャーが生まれないワケ

メジャーリーグで旋風を巻き起こしている大谷翔平選手。「令和の怪物」の異名を持つ千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希選手……。こうしたズバ抜けた才能を持つピッチャーが、東京の高校から生まれないのはなぜか? 甲子園の常連校・日大三高を率いる名将で、著書『「一生懸命」の教え方』を刊行したばかりの小倉全由監督が、その疑問に答える。

東京の高校は「コントロール重視」

東京でメジャーリーガーの大谷翔平選手やロッテの佐々木朗希選手のような、類い稀なる才能を持ったピッチャーが出てこない理由――。それは、「甲子園出場を懸けた予選を勝ち抜くには、コントロール重視のピッチャーが求められるから」だと私は考えています。

Photo by iStock

東京は多くの高校のエースピッチャーが、「9回投げて3点は取られるけど、試合を作ることができる」という特徴を持っています。そのために、アウトコースにストライクとボールの出し入れのできるスライダーを武器として、状況に応じてバッターを打たせたり、あるいは三振を奪ったりするというテクニックも持ち合わせているのです。

こうしたピッチャーは、すでに中学生の頃に投球術が完成されているので、高校に入学して早い段階で対外試合でマウンドを踏み、経験を積ませることができます。そうして1年、2年と過ごし、最後の3年生の夏にはエースとして、チームの大黒柱になっていくというわけです。

 

そのため、「150キロに迫るストレートを投げられる一方、コントロールがメチャクチャだ」というピッチャーや、「身長が大きくて全身にバネがあるけれども、試合では使いものにならない」といったようなピッチャーを、実戦で使えるように育てていこうとは考えていないのです。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/