Photo by iStock
# AD special

今さら聞けないDX…“一歩先を行く”キリンの「ノウハウ」を大公開する…!

DX人材育成セミナー

提供:キラメックス株式会社

先進的な取り組み進めるキリンホールディングス

企業活動の生産性向上や顧客に対する新たな価値の提供に対して「DX」=デジタル・トランスフォーメーションが「マスト」な時代となっている。その一方で「一体何から始めればよいのか」と頭を抱える企業も多い。そこで重要となるのはやはり“先達に倣う”ことだろう。今回は2020年4月に「DX戦略推進室」を立ち上げたキリンホールディングス株式会社の例を紹介する。

キリンホールディングスと言えばビールや飲料事業のイメージが強いが、医薬事業なども拡大しており、食から医学の領域に至るまで幅広く展開している。そんな同社が今、全社をあげて取り組んでいるのがDXの推進だ。同社・DX戦略推進室室長で執行役員の秋枝眞二郎氏はDXの概念と目指すべき姿について次のように話す。

キリンホールディングス 秋枝眞二郎 執行役員 経営企画部 DX戦略推進室 室長

「キリングループはお客様に商品を提供している会社なので、ICTのテクノロジーなどを活用した業務の効率化や、あるいは今あるビジネスのプロセス自体を変えることで新しいビジネスのやり方を創造し、新しい価値を提供していく、それが『DX』だと捉えています。

また、我々はホールディングスカンパニーなので、それぞれの事業領域の違いによって、必要とされるデジタル技術も異なります。各事業会社が、お客様に近いところでDXを推進しながら自分たちで考えて実行していく『自律』が最終的なゴールです」

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/