文在寅「五輪に行く、行かない」騒動のウラで、韓国国民から“総スカン”された文政権の末路

田中 美蘭 プロフィール

韓国のリアル

これがもし、コロナ禍の問題がなければ「No Japan」と言いながらもきっと、旅行会社なども観戦ツアーを組んでこぞって日本に行く人も多かっただろうと思われる。

また、もともとスポーツ観戦好きの国民性もあり、日本とは時差もないためテレビ観戦などもしやすく、韓国内でも大いに盛り上がっていたことであろう。

しかし、ワクチン接種が進んでいるとはいえど、韓国内の新規感染者数もソウルを中心に一進一退を繰り返してる状況である。日常生活においても部分的な規制緩和があっても全面的には程遠く、まだまだ収束が見えるといった状況ではない。

国内スポーツのプロ野球やサッカーもいまだに観客数の制限を行うなど、厳しい状況下にある。そうした中で「オリンピック」と言われてもピンと来ないというのが正直なところではないだろうか。

 

もちろんオリンピック開幕が近づくにつれて、韓国のテレビや新聞、ネット上では「東京オリンピック期待の星」などと称して各種目の選手を紹介するコーナーなどが設けられているものの、大いに盛り上がっているとはいえない。

オリンピック選手たちにとっても、現在の状況が厳しいということを肌で感じているようで、そのことを訴える事態も起きている。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/