文在寅「五輪に行く、行かない」騒動のウラで、韓国国民から“総スカン”された文政権の末路

田中 美蘭 プロフィール

歴史歪曲、領土侵略…

東京オリンピックをめぐっては一部市民団体が「旭日旗をオリンピック会場に持ち込ませない」「公式サイトに表示されている日本地図の竹島を削除の上、訂正せよ」といったクレームをつけ、最近はさらに新たなネタで騒ぎを起こしている。

「反日」が再び photo/gettyimages
 

ある市民団体は最近では、前述の「旭日旗」や「竹島」の問題に加えて、日本統治下で行われた1936年のベルリンオリンピックでマラソンに出場、金メダルを獲得した孫基禎(ソン・ギジョン)についてオリンピックミュージアムの展示物で「日本代表」として紹介されていることに対して「韓国代表」と訂正するように訴えている。

さらに、日本の菅偉首相の顔写真を用いて、表彰台に立つ菅首相が違った3種類のタンクトップユニフォームを着ているポスターを作成。ユニフォームにはそれぞれ、「旭日旗」「竹島」、前述の「孫基禎」がプリントされ、「歴史歪曲、領土侵略、人種差別」を日本が行っているということを意味しているのだという。

このように日本を叩けば何でもありという行動が一部の市民団体によって行われ、混乱が起こされているのは呆れるばかりであるが、では実際に韓国国民たちは東京オリンピックについてどのように考えているのだろうか。

正直にいえば、国民のほとんどは今回の東京オリンピックそのものについて「関心がない」と言うのが本当のところである。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/