2021.07.07
# パンダ

「なくなっちゃった…」動物園のパンダ、ごはんの後の「絶望する姿」が可愛すぎる…!

水曜日のお嬢様(34)
二木 繁美 プロフィール

竹の旬を見極める匠

タンタンは竹の枝と葉っぱ、どちらもよく食べていますが、味や栄養に違いはあるのでしょうか。梅元さんによると、パンダはどちらが好きというわけではなく、季節によってよく食べる部分が違うのだそうです。

おいしいところを見逃さない、竹選びの匠です

竹は、タケノコの季節には枝や軸の部分に、秋冬は葉っぱの方に栄養があるのだとか。「秋冬の食欲が上がってくる時期は、葉っぱを食べて、さらに足りないから枝も食べるという感じですね」と、梅元さん。

「旬のものを本能的に理解して食べているんでしょうね。そのあたりは、パンダにしか分からないところですが……」(梅元さん)

2020年12月のタンタン。なるほど、葉っぱを食べていますね

ペレットは、時間をかけて味わって食べるため、どっしりと台にもたれることが多いのだとか。「ああやって、台にもたれる姿勢が楽なんですよね」(梅元さん)私たちの大好物、巨大おにぎりの出来上がりですね。

うまいこと、台にもたれて食べています
運動場では、岩にもたれていることも 提供:神戸市立王子動物園

最近は、パンダ団子というお楽しみも増えました。パンダ団子は1つ150グラムほど。1週間に1キロ強を、7日分に分けて与えています。

最近お気に入りのパンダ団子 神戸市立王子動物園ツイッターより
 

「タンタンも、パンダ団子を気に入ってくれているようなので、もう少し増やそうかなと思いますが、これはあくまでおやつ。本当は竹をしっかり食べて欲しいですね」と、梅元さん。主食とおやつをバランス良く。パンダも人間も、これが健康の秘訣ですね。

関連記事