長崎空港から飛行機で約30分、福岡県の博多港から高速船で約1時間とアクセスのいい壱岐島。島内には神社や小さな祠が1000以上もあり、島全体に神秘的で清々しい空気が満ちている。太古の昔から人々が畏れ敬ってきた自然と神々のパワーをもらいに、いざ壱岐島でアウトドア・ワーケーション!

焚き火と海風、満天の星。
イルカと一緒に眠るキャンプ

〈壱岐イルカパーク&リゾート〉ではイルカに魚をあげたり、一緒に泳いだり。さまざまな触れ合いを楽しめる。

初めて旅する壱岐島。インターネットで下調べをしていたとき、目を疑う文言を見つけた。「イルカと一緒に眠れるキャンプ」。……え!?

〈壱岐イルカパーク&リゾート〉はイルカを間近で観察したり、一緒に遊んだりできるプログラムを開催しているリゾート施設。宿泊用のゲストハウスもあるが、イルカたちが泳ぐ入り江のすぐ脇にテントを張って眠れるプランもあるという。

-AD-

さらにキャンプサイトはフリーWi-Fiはもちろん、テーブルや椅子、ポータブル電源といったワーク環境も整備されていて、青空オフィスにもなるという。海や空があるだけでも心地いいのに、イルカくんまで寄り添ってくれるなんて。こんな癒やしの洪水みたいなワーケーション、全国を探しても壱岐島にしかない!

イルカのトレーニング風景も間近で見られる。

パークがあるのは島北端の勝本町。天然の入り江を整備して作られた海浜公園で、園内中央に海へと続くイルカたちのプールがある。海面を覗き込んでみると「やあ!」という感じでイルカたちがぴょこぴょこと顔を出してくれる。「これからトレーニングなんですけど、みんな早く遊びたくて仕方がないんですよ」とパークの高田佳岳さん。この人こそ、イルカキャンプ&ワーケーションを発案したアイデアマンだ。もともと大のキャンプ好き。キャンプ未経験の人でも気軽に体験してほしいと、手ぶらで泊まってBBQも楽しめるプランを始めた。

サザエと牡蠣を豪快に炭火BBQに。
勝本町では毎朝7時ごろから朝市が立つ。おばあちゃんが育てた葉玉ねぎをBBQ用に。

太陽が西に傾き始めるころ焚き火が始まる。BBQ用の炭火が安定したところで今夜の夕食が登場。本州では滅多にお目にかかれない壱岐牛に大きなサザエ。地の野菜やきのこもたっぷりある。「途中、産直で買った生牡蠣があるんですけど……」と言ったら、「それもどんどん焼いちゃいましょう!」と高田さん。