絵画を中心にアーティスト活動も行う松本杏奈さん/本人提供

徳島からスタンフォード合格の18歳が実践した「可能性をつぶす大人に負けない“自己肯定感”の育て方」

今年、徳島県の私立高校からアメリカの名門スタンフォード大学に合格した松本杏奈さんは、高2の夏に実績ゼロ、英語力も不足した状態から受験勉強を始め、見事海外大学6校の合格をつかみとった。

その道のりにおいては、自らの努力だけでは乗り越えられない壁が次々と立ちはだかり、一つひとつクリアしていかなければならなかったという。従来の価値観や性差による周りの決めつけ、そして地方格差の乗り越え方などについて、話を聞いた。

絵画を中心としたアーティスト活動も行う松本杏奈さん/本人提供
 

大人の提示するリスクは大体回避できる

──最初に「海外の大学を受験したい」と言った時の周囲の反応はいかがでしたか?

すべての人から反対されましたね。そもそも、私の周囲の大人たちは、「システム上、日本人がアメリカの大学を受験することができる」ということさえ知らなかったんです。いくら私が「できる」と説明しても、「アメリカの大学に行けなかった時はどうするんだ?」とか、「行った後の就職はどうなるんだ?」、「経済的に無理だろう」と言われました。

私は「滑り止めの学校にも願書をたくさん出せばいい」、「大学進学後の就職先も、日本よりもよっぽど開かれている」、「奨学金を申請する」などと繰り返し訴えましたが、納得してもらえませんでしたね。

また、「女子は理工系に行ったら体力的に絶対無理だから、絶対に進まないほうがいい」とか「医師免許や薬剤師など、免許が取れる進学先がいい」などと言われたこともありました。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/