「時間の共有」を楽しむ

読み聞かせの習慣が影響しているかどうかはわからないけど、字が読めるようになった長男は今のところ大変な読書好きだ。とても嬉しい。

最近は『マジック・ツリーハウス』や『戦国ベースボール』などのシリーズを読破している。コレクション欲も旺盛なので、1巻から順にすべて読みすすめていくことでも満足感を得るらしい。

そういえば、私も子供のころはクレヨン王国シリーズを集めたり、両親が幼いころに読んでいた『岩波小年少女文学全集』などを片端から読みつぶしたことを思い出す。大人になってからは好きな作家さんの本をそろえてみたりしているから、似た者親子なのだろう。

体験を大切にしている青木さんは、子どもと一緒に虫の飼育も行っている。写真提供/青木裕子
-AD-

長男は自分で読み聞かせをすることも好きで、次男に絵本を読んで聞かせてくれることもあるのだけど、面白いなと思うのが、もうすっかり自分で読めてしまうのに、いまだに本を‟読んでもらう”ことが彼にとって特別だということ。私は子供のころ読み聞かせをしてもらった記憶がないので、だれかに本を読んでもらうというのがどんな感覚なのかわからないのだけど、自分で読むのとはまた違った楽しみがあるのだろう。

長男を見ていると、絵本を楽しみたいというよりは、その時間を楽しんでいるのかなとも感じる。就寝前の読み聞かせは、僕(達)のためにお母さんが本を読んでくれるという、その行為によって生じる充足感を求めているのかもしれない。

では一方で、まだ字が読めない次男はどんな感じで読み聞かせを聞いているのだろう。常々興味深いと思っているのだけど、そもそもまだ字を知らないってどんな感じなのだろう。