『青天を衝け』視聴率好調、じつは「慶喜と薩摩」の描き方が圧倒的にウマかった…!

不思議な魅力に満ちている

『青天を衝け』の描く幕末は、なかなか痛快である。

大河ドラマ幕末ものとしては非常にめずらしい。

見ていてなんだかうきうきしてくるのだ。

『青天を衝け』はそういう不思議な魅力に満ちた大河ドラマである。

特に、主人公の渋沢栄一が一橋慶喜の家臣となってからが見ていて楽しい。

一橋慶喜はやがて征夷大将軍となり、「歴史的な敗者」となることはわかっているのだが、そのことを知って見ていても、何だか楽しいのである。

〔PHOTO〕Gettyimages
 

痛快だったのは、たとえば、14話。

一橋慶喜が「参預会議」のメンバーを率いて公卿の中川宮を訪れ、その面前で彼らを「大愚物!」と言い切るシーンである。

「参預会議」は便宜的ながら当時の京都政局の最高決定機関であった。そこには徳川家からだけではなく、外様大名(島津久光、伊達宗城、山内容堂)も加わっている。なかでも薩摩の島津久光は裏で工作を重ねて「京都政局」の中心に居座ろうとしていた。それを知って、一橋慶喜は中川宮の前で、酒を飲んで酔った勢いで「かれらは天下の大愚物、天下の大悪党にてございます」と言い放って、その野望を砕いた。

なかなか痛快なシーンであった。

このドラマで見るかぎり、あきらかに一橋慶喜が正義で、島津久光は悪とはいわないまでも正直さに欠ける野望家であった。そこがおもしろい。

関連記事