AVデビューで人気絶頂、大病中に命をかけてステージへ…元AV女優「麻美ゆま」が語った“過去”と“これから”~『街録ch』

落合 龍平 プロフィール

人気絶頂時に襲い掛かった病魔

約5年間活動した「恵比寿マスカッツ」は、「人気者のまま解散したい」というマッコイ斎藤氏の意向もあって、2013年に解散が決定。ちょうどその頃、麻美ゆまを新たな試練が襲う。

「当時、痩せたねと言われてたんですけど、ダイエットもしてたので、あまり気にしていなかったんです。ただ解散ツアーがいよいよ始まるころ、お腹がまるで妊娠したように膨れてきて……。

蒼井そらちゃんに相談したら、『早めに病院へ行ったほうがいい』と言われて。病院に行っていろいろ検査すると、卵巣がんの疑いがあると言われました」

卵巣がんの発覚し、再び試練を迎える。(街録chより)
 

最終的な診断は卵巣の境界悪性腫瘍。すぐ摘出手術が必要な状態という、衝撃的な結果だった。

場所が場所だけに、摘出すれば将来の妊娠・出産に大きな影響がある。かといって摘出しなければ、最終的に命を落とす可能性もある。しかし「第二の青春」として全てを捧げた「恵比寿マスカッツ」の解散ライブも控えている。仕事に穴をあけられる状況ではなかった。

「え? 私のこと言ってるんですか、みたいな感じでした。じゃあ子供は? とか、生きられるの? とか、解散ライブも出られないの? とか……。何が何だかわからなくて。確かに怠いな、お腹が苦しいな、とかはあったんですけど、痛いわけじゃなかったので、ギリギリまで働きたいなと思ってたんです」

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/