AVデビューで人気絶頂、大病中に命をかけてステージへ…元AV女優「麻美ゆま」が語った“過去”と“これから”~『街録ch』

落合 龍平 プロフィール

「『これ私、恥ずかしがってる場合じゃないぞ』って思いました。作品のためにこんなに沢山の人が動いているのに、私が『できない』って言うのは失礼にあたるというか……。現場を見て、私の中で作品への情熱みたいなものが、フツフツしたんでしょうね」

「初めての撮影で、インタビューシーンがあったんです。どんな女優さんになりたいですかと聞かれて、『寂しいときとか辛いときは私の笑顔で元気になってもらいたいです』って答えたんです。少しでも人にパワーをあげられたらいいなって。それは今でも、麻美ゆまとして大事にしていることだったりします」

上手くやれる自信はあった!(街録chより)
 

デビューから人気沸騰で見失った夢……

事務所の期待通り、デビュー後すぐ人気が爆発。出演作はランキング上位に食い込み、さまざまな賞も獲得。さらにデビュー半年で連続ドラマの出演が決まるなど、活動の場を広げていく。

その反面、仕事が忙しくなり過ぎてしまい、「お金を貯めて海外留学」の夢から遠ざかってしまう。その分、彼女の芸名である「麻美ゆま」としての活動にのめり込んでいった。

「名前は当時のマネージャーさんがつけてくれました。自分に丸っこいイメージがあるので『ゆま』に。『麻美』は検索して他の女優さんと被らないことから決まりました」

麻美ゆまの活動の一つの頂点となったのが「恵比寿マスカッツ」だ。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/