麻美ゆまが明かす壮絶半生(街録chより)

兄の自殺、極貧の果てのAVデビュー…元AV女優「麻美ゆま」が明かす壮絶人生~『街録ch』

まさに波乱万丈

「家にお金がなかったんですよ。バブル崩壊で、実家が経営するお店が潰れて、借金だけ残ってしまって……。母親も身体が悪いのに無理に工場で働いたりしていて……」

かつての極貧生活を告白するのは、元AV女優の麻美ゆま(34歳)。

「恵比寿マスカッツ」の一員として一世を風靡した「ゆまちん」である。

美貌とHカップのスタイル、天性の明るいキャラクターで瞬く間にスターの座へ上り詰めた彼女。だがその笑顔とは裏腹に、壮絶な人生を歩んできたという。

人気YouTubeチャンネル『街録ch』(https://youtu.be/4SM3Y0yOIU8)に出演した彼女が、その波乱万丈の人生を赤裸々に語った。

人気YouTube番組の「街録ch」
 

貧困生活の果てに高校を中退

麻美ゆまは群馬県高崎市出身。両親は高崎市内で「フィリピンパブ」を経営していた。家族経営の店だったが、バブル時の好景気に乗って事業は拡大。最盛期には4店舗ほどに増えていた。ただ、フィリピンパブを営む家業には複雑な思いもあったという。

子供時代から歌うことが好きだった麻美ゆま。お店のステージで、フィリピン人ホステスたちに囲まれて歌うこともあったという。

当時の夢は、「海外留学」だった。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/