高齢化や過疎、都市部への人口集中など、今、日本各地でコミュニティはさまざまな問題を抱えています。そんな中、「人とのつながり」に焦点をあて、新たな方法でコミュニティを再生させようとする地域や団体が増えています。

村の事例から、これからのコミュニティのあり方を探りました。

700人の村をホテルに。
人の魅力で再生した小菅村。

見事な日本庭園のある「大家」。屋根裏を改装したロフトがある80㎡のスイートルームや、かつての土蔵を改装した離れの部屋など個性的な4部屋とレストランを併設。軒先に吊るされた柿は、地元の農家さんと番頭の谷口さんらでつくった干し柿。〈NIPPONIA小菅源流の村〉山梨県北都留郡小菅3155-1

驚きの方法で過疎や観光客減少の問題を解決しようと取り組んでいるのが山梨県北都留郡の小菅村。東京都と山梨県の境に位置する山間の村で、かつては養蚕や農林業で栄え、人口も2200人ほどだったが、近年は高齢化が進み、約700人にまで減少。100軒以上の空き家が放置されていた。

-AD-

そんな中、地域活性化を任されたのが持続可能な地域づくりのトータルコーディネートを請け負う〈さとゆめ〉代表取締役の嶋田俊平さん。2015年には温泉やアスレチック施設を併設した「道の駅こすげ」をプロデュースし、地域最大の魅力である多摩川源流の自然を五感で楽しめる「体感型道の駅」を開業させた。JR大月駅から村までの間にトンネルが開通したことも追い風となり、観光客は年間8万人から22万人に増加。その手腕を買われ、より抜本的な村の活性化を任された。

時が刻まれた立派な梁や柱を残した「大家」のスイートルーム。

「道の駅のオープンによって観光客は増えましたが、村に泊まってくれる方はまだまだ少数。そもそも村に4軒しか宿がなかったので宿も必要だけど、お金も土地もない……。そこで考えたのが、村にある空き家をホテルにするアイデア。せっかく村中に空き家が点在しているのだから、その一軒一軒を客室として捉えて、“村全体がひとつのホテル”というコンセプトを立てたんです」

ヒントにしたのは兵庫県丹波篠山市にある〈篠山城下町ホテルNIPPONIA〉。小菅村と同じく地域内の点在する空き家を活用した「分散型古民家ホテル」で成功を収めていた。嶋田さんは篠山での事業を手掛けた〈NOTE〉に声をかけ、さらに道の駅を運営する〈源〉と合同で、「700人の村が一つのホテルに」プロジェクトをスタートさせた。