2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ。航空機がワールドトレードセンターに突入し、ペンタゴンにも襲い掛かったたこのテロ事件で、日本人24人を含む約3000人が亡くなり、負傷者は6000人以上とされている。
このテロ事件で犠牲になった杉山陽一さんの妻・杉山晴美さんは当時3歳と1歳の子供がおり、お腹にも3人目の赤ちゃんがいた。そんな中で捜索活動に出て、現場の話から、陽一さんは一度1階まで避難したけれど、「安全です」というアナウンスで80階のオフィスに戻ったのではないかという話を聞く――。

渡米直前、成田空港で友人ファミリーが見送りにきて撮影してくれた杉山ファミリー 写真提供/杉山晴美

20年をふりかえる晴美さんの連載2回目の後編では、その話を聞いたのちに友人たちに送ったメールを入り口に、陽一さんのご両親や晴美さんの母もNY入りしした「現場」の話をお伝えする。

取り急ぎご報告

【9月13日、友人たちに送ったメールより】

わたしの夫、富士銀行員杉山陽一の名前が、アメリカ同時多発テロで日本のメディアでも行方不明者として報道されております件につき、みなさま方には大変ご心配をおかけしております。
何通ものお見舞いのメールを頂戴し、取り急ぎ現段階でわたしの入手しております情報をお伝えいたしますとともに、とりあえず、子供ふたりとわたしはなんとか元気でおります旨、ご報告申し上げます。

現時点での夫についての情報ですが、となり、北側のビルに航空機が衝突した直後、エレベーターで1階までいったんは無事下りたものの、そこで南側のビルの安全を伝えるアナウンスを聞き、また80階にあるオフィスに再び戻ってしまったと推測されております。

そしてその後、報道にもありますとおり、こちらのビルにも航空機激突。はっきりはしておりませんが、79階から90階付近に突っこんだもよう。富士銀行のオフィス直撃とのうわさもあり、現在主人の安否がますます危ぶまれているのが実情であります。ただ、混乱時のエレベーターが衝突時どこまで上がっていたかは定かではなく、負傷して病院にいる可能性も残っているため、わたしたちは最後の最後まで主人の存在を信じ、帰りを待つばかりであります。

いろいろとご心配をおかけして申し訳ありませんが、はっきりとした事実が判明するまえ、みなさまも一緒に主人の無事を祈っていただけたら幸いです。

では取り急ぎご報告、そしてメールをくださった方々にはこの場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。
                              杉山晴美

-AD-

たくさんの優しさにつつまれて

事件当日から、たくさんの方々にわたしたち家族は支えられている。
同じアパートに住む日本人の友人たちは、毎日代わる代わるごはんや子供のおやつを運んできてくれた。やはり小さな子供のいるお母さんたちである。とりわけ子供のことを心配してくれた。なんとか子供たちが笑顔でいられるように、少しでも楽しい気持ちになるようにと、遊びに連れ出してくれたりもした。

保育園の先生方も、日本人では入手しにくい情報があるかもしれないと、現地のニュースをいろいろ教えてくれる。保育園のお友達のお母さんたちは、子供の送り迎えをかって出てくれた。さらには、今まで面識のなかったアパートのメンテナンスの人たちまで、力になりたいのでな何でも言ってくれと訪ねてきてくれた。

わたしが通っていた英会話の学校の先生も、仕事帰りに夜食の差し入れをわざわざ届けに来てくれたりもした。

励ましのメールもたくさん受け取った。夫の生存をともに信じ、無事を一緒に祈ってくれているという。優しく温かい文面で涙がにじむ。時間をかけながら、やっとの思いで読む。みなさんの温かい心遣いは、海を越えわたしの心を優しく包みこみ、しっかりと支えてくれている。