2021.07.08
# 不倫

32歳の女性を「不倫地獄」にハメた、エリートサラリーマンへの反撃の一部始終

両親にも申し訳ない…
後藤 千絵 プロフィール

結局、真咲美さん宛の内容証明郵便は、妻からの不倫慰謝料請求だったようです。夫の様子が変だったことに気づいた妻が、興信所を使って調査したのでしょう。真咲美さんの住所や氏名が判明したのもそれならば納得がいきます。

訴状は、真咲美さんが期日までに回答しなかったので、妻側の弁護士が裁判所に提訴してきたのだと思われます。訴状には戸籍謄本がついていたために、透さんが既婚者であることが明らかになりました。

透さんは、とっさに『離婚届を渡したのに妻が提出していなかった!』と言い訳していたようですが、幸せそうな家族写真も複数枚提出されていて、真咲美さんもすべてを知ることとなりました。

「私は、彼にまんまと騙されていたんです。私宛に内容証明が来ていたのに、彼を疑うことすらしませんでした。本当に情けないです…。それに、私は透さんの子どもを妊娠しているんです。もうどうしていいかわかりません」

Photo by iStock
 

真咲美さんは、妻からの訴訟に加えてご自身の妊娠も判明したとのことで、相当切羽詰まっていらっしゃいました。

とりあえず、訴状に対しては期日までに『答弁書』(訴状に対する自分の言い分を書いて裁判所に提出する最初の書面)を作成して提出する必要があることをご説明したところ、到底自分では対応できないため、弁護士にすべて依頼したいということでした。

何もかもが嘘だった

その日は、とりあえず、彼と住むマンションに帰った真咲美さん。透さんに、いったいどういうことなのか、改めて問いただしたそうです。

「彼の言い訳としては、『妻がいたのを隠していたのは謝る。本当にごめん。だけど、妻とは早々に離婚して、真咲美ちゃんと結婚するつもりだ。離婚話は今進めているところだ。心配させないように黙っていたんだ』そう言って、涙を流しながら謝ってきました。

<離婚話が進んでいる? 本当に?>

その言葉に私は、一瞬許しそうになりました。でも、私が透さんに妊娠を告げた途端、透さんの顔色が一変し、態度が豹変してこう言ったんです。『えっと…、それって僕との子どもってこと? 他に誰の子どもだというのでしょうか」

関連記事