『え、社内システム全てワンオペしている私を解雇ですか?』(PASH!ブックス)

ついに小説のタイトルとあらすじを「AIが評価」する時代が来た…!

「なろうRaWi」運営者インタビュー

なろうRaWiというサイトは、「小説家になろう」に投稿された作品のタイトルとあらすじをAIが評価してくれる「タイあら判定」機能を提供している。

このサービスの運営者である下城米雪(カシロメユキ)氏は自らこの機能を使い、高評価を受けたタイトルを元に短篇小説を投稿。

すると、なろうユーザーにバズを引き起こし、短篇版を元に連載版を執筆すると「ヒューマンドラマ」ランキングで年間1位になるほどの人気を得て『え、社内システム全てワンオペしている私を解雇ですか?』(PASH!ブックス)として書籍化(なお、元の短篇や連載版のタイトルはこれより長かった)。書籍版もKindleのライトノベルランキングで一時1位になった。

 

なぜかコスプレ姿で働いている凄腕エンジニアの佐藤愛が、勤務先の社長交代を機にコストカット目的で解雇されるも、再会した幼なじみのスタートアップに参画。そこで始めた「真のプログラマ塾」を通じて様々な事情を抱える受講生たちを奮起させ、新プロダクト開発に挑む一方、彼女を追放した旧勤務先の新社長には「ざまぁ」な展開が待っている――といった内容の小説だ。

もちろんタイトルとあらすじだけで人気になったわけではないとはいえ、なろうRaWiの評価精度には驚かされる。

「なろうRaWi ~小説と人口知能~」HPより

なろうRaWiのAI開発を担当するGENZITSU氏(@yp_genzitsu)とAI以外のすべてを担当する作家の下城米雪氏に、なろうRaWiとそれを使って生まれた小説『ワンオペ解雇』に込めたものについて訊いた。

なろうRaWi「タイあら判定」開発の背景

なろうRaWi開発のきっかけは、なろう作家の下城米雪氏とAI専門とするエンジニアであるGENZITSU氏が、顔ぶれがなかなか変わらない「なろう」の既存のランキングに不満を抱き、「真にいい作品に出合える機能を」と読者向けに類似小説の推薦サービスに着手したことにあった。

なろうにまつわるデータ検索サイトとしては「なろうファンDB」が先行しており、ふたりはこのサイトができていないところに注力しようと考えた。

「なろうファンDBにはAI系の機能がありませんでしたので、われわれはそこに注力しました。それで作品推薦機能の開発に取り組んでいるうちに、ここまで推薦がうまくいくのであれば、この技術を転用してタイトルとあらすじを評価することで、独自のランキングを作成することができるのでは? と。そこから読者向けの『AIランキング』に加えて、作家向けにいまの『タイあら判定』の開発がスタートしました」(GENJISTU氏)。

タイあら判定を利用する作家ひとりひとりの熱量は非常に高く、書籍化された作品の書き手の利用もあるという。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/