「義母」と不仲の長男の嫁に、じつは「ひっそり“援助”していた義父」のヤバすぎる末路

夫婦関係の「後悔」

昨年1月、鶴田美紀さん(77歳・仮名)は、初めて夫の書斎の一番上の引き出しをあけた。夫(79歳)が肺がんで入院し、妻の鶴田さんが印鑑や通帳などを取ってくることになったのだ。

不動産の権利証や印鑑登録証明書など重要書類を確かめながら、鶴田さんは「医療保険の書類もある」という夫の言葉を思い出した。確かに、古い保険証券があった。

「夫は『給付金がもらえるはず』と言っていました。ところが、保険会社に連絡してみたところ、『契約が古く、支払いの対象に当たらない』と言われてしまったのです」

photo by istock
 

病床で「そんなはずはないんだが」と口ごもる夫を、鶴田さんはつい責めてしまった。

「なんで内容を見直しておかなかったの。介護も必要になるかもしれないのに、こんな保険にいくら払ったの!」

「俺のカネなんだから、好きにしたっていいじゃないか」

水掛け論に耐えかねた鶴田さんは「知らないわよ」と言って、病室を飛び出した。

これまでなら、「夫婦喧嘩は犬も食わない」ではないが、時間が過ぎるのとともに自然と関係も元通りになったかもしれない。

だが、鶴田さんの場合は違った。

SPONSORED