2021.07.05
# マンガ # 本

子どもがSNSに投稿した写真で「住所が特定される」ネットの怖すぎる闇

実際に起こった事件も…

第1問目は、同級生の彼に「きわどい写真を送って」と言われ、恥ずかしいと戸惑ったものの「本当に愛してるから」と懇願されて送ってしまった結果、それが「児童ポルノ法違反」の罪に自分も問われることを解説しました。次の問題は、SNSで写真を投稿する際の身バレを防ぐ方法です。

Photo by iStock

第1問:「きわどい写真、送って」と彼に言われて…子どもが青ざめる「児童ポルノ法違反」の怖すぎる現実

身バレのリスクはこう防ぐ

それでは第2問!

(2) SNSをはじめました。ブログもスタート。匿名でやれるのが、とても楽しいです。住所など身バレはしたくないけど、下はOKですよね?

次のうち、身バレリスクがあるものを全部選ぼう!

 

A)「すごくきれいな虹が出た! 家のベランダからとりました」とSNSで写真つきで発言
B)「注意! 〇〇線が人身事故で止まってる!」と友達のために写真つきでアップ!
C)めちゃくちゃおいしそうにできたガトーショコラ。お料理ブログにアップ
D)ネットで頼んだかわいい服。早速箱をあけて、アップ! みんな気に入ってくれるといいな。

関連記事